八千代広域公園 ご紹介  

 本公園は、八千代市の新川周辺地区に位置し、既存の斜面緑地や空間の広がりを活かした公園として、整備が進められています。現在開設とている区域は、村上地区の一部で、主に遊歩道、駐車場などがあります。公園内には八千代市総合グラウンド、八千代市立中央図書館、八千代市市民ギャラリーが設置され、昭和25年4月5日より、都市公園として供用開始しています。当社は、令和2年4月より指定管理を任されており、9月より八千代市総合グラウンドの北側芝生地においてバーベキュー事業を開始しています。公園内は里山の自然が多く残されており、ジョギングをする人、川縁で遊ぶ人、ビニールシートを拡げてお弁当を食べる人たちで賑わいを見せています。図書館、総合グラウンド、公園芝生内でのイベントも開催され、多くの方が楽しめる公園となっています。


公園図書館前のエントランス、駐車場入り口 

全部で4ケ所ある休憩スペース

 図書館と陸上競技場の間のメインの芝生広場

 新川上流2kmの遊歩道も公園の一部

 暖かな休日バーベキューガーデンの賑わい
 
緑の学校「どんぐり体験教室」親子連れ参加

→ 八千代広域公園公園公式サイト
八千代市公共施設の案内ページ